ポンコツ公務員の叫び

22歳、社会人1年目(県庁職員)の僕の思いを自由に叫びます。叫ぶ内容は僕の趣味(ファッション、サッカー)や仕事のこと、考えや本音など様々です。たまにイタい内容もあるかもしれません。

公務員同士の結婚、最強だけど最弱

f:id:footmuji:20170723104546p:image

公務員は職場結婚がめちゃめちゃ多い

公務員は職場結婚がめちゃめちゃ多い。同じ課にも県庁職員同士で結婚している人が結構いて、いかに最強か語られることが多い。

でも僕は公務員同士の結婚って確かにメリットもあるけど、同じくらいデメリットもあると思うのだ。

メリット

①金銭的な余裕

公務員の給料は高くない。年功序列で上がっていくとはいうものの、大手企業の方が全然良い。でも今の時代、旦那だけの稼ぎで子どもを大学まで行かせるなんてかなり厳しいと思う。だからつまり、旦那がいくら大手企業勤めでも、奥さんが専業主婦だと生活に余裕はあまりない。

でも一方、夫婦で公務員の場合だとどうだろう。年功序列で給料が上がっていくから、子どもが大学生くらいになる時には、世帯年収が1500〜2000万円くらいになるのだ。30代、40代の時でも世帯年収では1000万円は超えるから、子どもが小さいうちにも生活に余裕はある。僕の上司で県庁内で結婚している人は、毎年海外旅行にも行けるし、お金には困らないって言ってた。それに潰れることもなく安定しているから、金銭的な余裕はあるんだと思う。

②お互いの仕事への理解

「仕事と私どっちが大事なの?」

こういうくそみたいなことを聞いてくる奴もまだ一定数いる。それは仕事に対する理解の欠如が原因となっている部分もある。でもお互いの職場が一緒なら、当然ながら理解は得やすい。特に公務員は、今僕のいる部署みたいに繁忙期以外は定時で帰れる部署もあれば、日付が変わるまで働いている部署もあるから尚更。

③福利厚生

前にも書いたけど福利厚生はかなり良い。基本的に土日祝日は休みだし、夏休みも好きに取れるから旅行なんかにも行きやすい。

また、産休育休もちゃんと取れるし、男性の育児参加休暇的なのもある。結婚したり子どもが生まれたりした時には互助会からお金が出る。

 

2馬力だから一見最強、でも最弱でもあると思う理由

今まで書いてきたように、公務員同士の結婚は一見最強だ。でも僕は公務員同士の結婚て良いことばかりではないと思っている。

①辞められなくなる

やはり仕事をしているとストレスは溜まるもの。でもどんなにストレスが溜まって自分が壊れそうになっても、相手のこともあって公務員を辞められなくなると思うのだ。昨年、「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマが流行ったけど、逃げるためにはいつでも逃げられる環境に身を置くことが重要だと僕は思っている。でも、公務員同士で結婚したら、自分で自分を逃げられない環境に置くことになる。これはあまりにもリスキーだ。

②離婚しづらい

今は、3組に1組が離婚する時代だ。だから別に離婚しても珍しくないし、嫌なら離婚するべきだと僕は思っている。でもやっぱり同じ職場で、共通の知人もたくさんいる環境だと、離婚したら気まずさは半端ないだろう。

③評判がダダ漏れ

先ほども書いたように、同じ職場の中で結婚するということは、共通の知人がたくさんいるということ。つまり、使えないやつだと、「あいつの旦那は使えない」とか「奥さんの方が出世が早い」とか影で言われる可能性もある。怖すぎる。自分の職場内での評価が家庭に筒抜けって耐えられない。まぁ仕事ができればいいんだろうけど、僕はあまりやる気のないポンコツだ。

 

別に僕は公務員同士の結婚は否定しない。金銭的にはかなり良いだろうし、周りの人からはちゃんとした家庭っていう印象を持たれるだろう。でもよいことばかりじゃないんじゃない?ってのを言いたかっただけ。

 


 

 

セールは楽しいけど楽しくない

f:id:footmuji:20170717102638j:image

http://i.isetan.co.jp/shinjuku/blog/backnumber/entry.php?id=2666

昨日東京に買い物に行った。

僕が東京に買い物に行く時って、だいたい南青山・表参道・中目黒あたりのセレクトショップやブランドの旗艦店を行くことが多いのだけど、昨日はちょっと新宿に用があったから、伊勢丹メンズ館も行ってみた。

セールの時に伊勢丹メンズ館に行くのは初めてだったんだけど、「楽しいけど楽しくない」って思った。なんでそんな矛盾した感情を同時に抱いたのか、書いていく。

 

セールの楽しさ

やっぱり気になっていたアイテムや少し高いアイテムが安く手に入るってことだと思う。また、普段あまり行かないお店のセールに行くと、思いがけない出会いもある。僕は昨日、unused というドメスティックブランドのコットンカシミアのサーマルカットソーを買ったんだけど、普段あまり unused を買うことはないし、しかもunusedは普段僕が買うブランドより値段がけっこう高い。でも自分の中でデザイン的にかなり気に入ったし、値段もかなりお買い得になっていたから買った。こういう風に普段なかなか馴染みのないブランドやアイテムを手頃に手に入れられるってのはセールの楽しいところだ。

 

セールの楽しくないところ

でもセールって楽しいところばかりじゃない。まぁ伊勢丹は百貨店ってこともあるだろうけど、セールになるとめちゃめちゃ人が多くて接客を受けられない。僕は服を買うとき、そのブランドのこだわりや素材、パターンワークなどのディテールを店員さんに教えてもらうのが好きだ。中にはそういうのが苦手って人もいると思うけど、買う買わないは別として、そういう話を聞くのはすごく楽しいし、これこそが店舗で買い物をする本質だと思っている。でも百貨店のセールになるとこれがないから、買い物の面白さが半減してしまう。もちろん試着はできるけど、店員さんに色々なアドバイスをもらったり、様々な提案をしてもらったりすることは出来ないのだ。まぁ、その分の値段がセールで引かれてるって考えればいいのかもしれないけど、僕は少し寂しさを感じてしまうのだ。

あとやっぱり、普段より人が多くて店員さんが対応しきれないってこともあって、客が服を手に取ったあとに適当に置いて、そのまま服が乱雑になっていることも散見された。そういうのを見ても、少し寂しくなってしまうのだ。

 

やっぱり買い物って物語があった方が、買ったものに対して愛着が持てると思うんだよね。ただ単にセールで安かったから買ったってものより、少し高くても店員さんの話なんかを聞きながら、自分の中でこれ!って思ったものの方が愛着も出るし結果として長く使うからコスパも良い。だからセールとの付き合い方も考えつつ買い物をする必要があるなーって思った。

 

 

 

最近化粧水を使い始めた話

1週間ほど前から化粧水を使い始めた。

以前は「男が化粧水なんて」って思っていたから、今まではメンズビオレの洗顔くらいしかしていなかったんだけど。

化粧水を使い始めた理由

なんで使い始めたかと言うと、かっこいいおっさんになりたいから。

僕は就職してから、基本的におっさん達に囲まれるようになった。

おっさんって一言で言っても、色々なおっさんがいる。かっこいいおっさん、かっこよくないおっさん、スリムなおっさん、太ったおっさんなどなど。

日々色々なおっさんを見ていると、かっこいいおっさんには共通点があることに気づいた。それは、太っていなくて清潔感があるってこと。

太っていないっていうのは分かりやすいけど、「清潔感」ってのはなかなか抽象的で難しい。僕なりにこれを咀嚼したところ、「身だしなみ」という言葉に落ち着いた。この「身だしなみ」を整えるということはすなわち、きちんとした髪型、服装が欠かせない。でもこれらにいくら気をつけていても、肌が汚かったり、真っ黒に日焼けしていたら、「身だしなみ」が整っているとは言えない。

つまり、僕は身だしなみが整っていて清潔感のある、かっこいいおっさんになりたいのだ。そのために若い時期からケアをしようと思ったってこと。もともと体毛も薄いし、肌が汚いほうではないけど、やはり今からしっかりと自分を磨くことで、10年後20年後にかっこいいおっさんになりたい。

 

僕が使っている化粧水、そしてその効果

いざ化粧水を買おうと思っても、どれを買っていいかわからない。なんか薬局の化粧品コーナー的なところに行くのも恥ずかしい。そこで僕は、絶大な信頼を寄せる無印良品に向かった。そして買ったのはこれ。

f:id:footmuji:20170713162815j:image

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076446576?searchno=18

よく分からずこれを買った。400mlで980円。高いのか安いのかさえよく分からない。たださっぱりする的なことが書いてあったから、まぁいいかって感じで買った。

で、それを1週間ほど、毎日洗顔後に使っている。

効果はというと………

すげぇぇぇぇぇ!!!!!

なんか肌に今までよりハリがあるっていうか、潤いがあるっていうか、なんかよく分からないけどいい感じだ。今まで使ってこなかったことを後悔した。

女の子はこんなものをずっと使っていたのか、そりゃ男より肌がきれいなはずだぜ。

今は男もスキンケアしてておかしくない時代だから、化粧水を使うことに対する心理的な敷居はだいぶ下がっている。でも、以前の僕みたいに、「男が化粧水!?ないない」的な感じの男もまだまだいるはず。

まじでそれはもったいないぞ。固定観念に縛られることは愚かなことだと僕は痛感した。まぁあんまり男で、「スキンケア命!」みたいなのはそれで引かれるかもしれないけど、まぁ化粧水くらいなら引かれないだろう。

少しでもかっこよくなりたいなら化粧水は使うべきだと思った話でした。

 


 

3ヶ月経って公務員は何で辞める人が少ないのかわかってきた

f:id:footmuji:20170709104435j:image

早いもので社会人になって3ヶ月が経った。

まぁ僕は学生時代、バイトを1日でやめたことがあるくらいだから、我ながらよく頑張ってると思う。

3ヶ月も経つと仕事のことが徐々に分かってきて、以前は疑問に思っていた色々なことが自分の中で消化出来てくる。僕が当初抱いていた疑問の1つが「なぜ公務員はやめない人があまりいないのか」ということ。でもその理由も分かってきた。

 

1. 絶対的な安定

よく言われることだけど、僕は自分が公務員になってこれを実感している。1度なってしまえばクビになることはないってだけではない。ノルマはないし、別にやることさえきちんとやっていれば上の人から文句を言われることもない。若いうちは安いけど、しっかりと給料も上がっていくからライフプランも立てやすい。景気が悪いときでもボーナスはちゃんと出る。バリバリ仕事できてたくさん稼ぎたいって人には向かいないだろうけど、仕事は程々でお金も普通でいいって人にはぴったりだと思う。

 

2. 社会的信頼

お金だけではなく、社会的な信頼もある。ローンの審査もまず通るし、職業を聞かれた時に県庁職員と言うと、かなりウケがいい。多分ちゃんとした人っていう印象を持たれるんだと思う。別におれなんて全然ちゃんとした人間じゃなくて、むしろテキトーな人間なのに。

 

3. 充実した福利厚生

これもよく言われることだけど、福利厚生は充実しているように感じる。休みとれってめっちゃ言われるし、同じ課の人も結構有給取ってる。まぁ忙しい部署の人は違うんだろうけど、僕のいる部署ではかなり休みは取りやすい。病気で休んでも3年は給料出るし、互助会からなんかよく分かんない手当も申請すれば出る。普通の会社がどの程度なのか分からないけど、多分大多数の会社よりは福利厚生は充実していると思う。

 

批判されることの多い公務員

まぁ言わずもがな、公務員の給料は税金だから、もっと給料下げろとか休んでる奴に給料払うなとか思う気持ちも分からないこともない。でも公務員の待遇を下げたらどうなるか、優秀な人材が行政機関に行かなくなるのだ。つまり行政サービスの質が低下してしまうってこと。そこで最終的に不利益をこうむるのは、批判している側の人間だ。

 

でも僕は、この環境に慣れてしまうことが怖い

公務員は上にあげたようなメリットのある職業だということを僕は実感している。いま僕のいる部署は、繁忙期以外は残業も無いから、仕事終わりにはフットサルや読書など自分の趣味にあてる時間も確保出来ている。たぶんこれってすごく恵まれていることだと思う。

当初はなんでこんな無駄なことやるの?って思ってた、起案文書に上の人の判子を順々にもらいに行ったりすることも今では当たり前になってしまった。

でも僕は、この環境に慣れてしまって、一生公務員でいいと自分が思ってしまうことが怖い。

公務員は異動はあるけど、基本的には自分のいる自治体の中だけだ。つまり狭い世界でしか生きられないってことだ。でもそれってすごくつまらないことだと思うのだ。PC1つあればどこでも仕事ができる世の中で、1つの場所にずっと留まるってのは時代錯誤だと思うのだ。この広い世界のほんの1部しか知らないまま一生を終えるなんて嫌だと今では思っているけど、この気持ちがいつまで続くのか。

僕はまだ20代前半だ。なんだってできる。そう思っているから、3年くらい公務員をやってお金を貯めて、そこからは適当に世界を旅しながら自分のやりたいことを見つけてそれでお金を稼ぎたい。それでダメならまた公務員になればいい。1度きりの人生、1回くらいは敷かれたレールから外れてみたい。

今のこの気持ちをいかに持ち続けられるかだろうか。野心を持つこと、そしてそれを持続させることは意外と難しい。

 

 


 

 

「年上の女性が好きだけど結婚はしたくない」はすごーく難しい

最近、女性とよく飲みに行く。

いや、これでは少し語弊がある。正確に言うと「飲みに行く人の中に女性がいる」だ。まぁ普通っちゃ普通かもしれない。でも僕は今まで、男だけでカスみたいな話をして騒いでばっかりだったから、結構新鮮なものだ。しかも、女性の中でもかわいい人・きれいな人ばかりだ。僕は以前のブログでも書いているように、女性に疎いところがあるけど、やっぱり、飲み会の中にかわいい女の子がいるのは楽しい。

で、その一緒に飲む女の子っていうのはまぁ同い年か少し年上の人なんだけど、みんな口を揃えていうのは、「早く結婚したい」ってこと。なんか20代のうちに結婚して子どもを産みたいとか。まぁこんな人ばかりではないとは思うけど、でも僕のまわりの女の子だけがこういう感じの訳はないから、そういう女性もかなり多いんだと思う。

まぁ分からなくはない。女の人って子どもを産める年齢がある程度限られているから、やっぱり20台中頃〜後半に結婚して子どもを産みたいんだろう。「ママになる」ってことに憧れる気持ちもまぁわかる。

だからか、みんな「無駄な恋愛をしている時間はない」って言ってる。なんか切羽詰まっている。しかもこれを言っている女性はみんな顔面偏差値60オーバー(個人的)の人ばかり。そんな焦らなくて大丈夫だよって思っちゃうんだけど。

でも男は「30までは結婚したくない」とか「もっと遊びたい」って人が多い気がする。だって普通のサラリーマンの場合、結婚するまでは自分の金は自由に使えてたのに結婚したら小遣い制になるパターンが多いし。

僕も今の時点では結婚したいとは全く思わない。「もっと遊びたい」とかではなく、単純に自分以外の人間の人生に責任なんて持てないから。仕事をやめてぷらぷらしても、独身ならそれで苦しむのは自分だけだけど、結婚したら自分の奥さんや子どもも共倒れだ。自分の親や相手の親にもガミガミ言われるだろう。当たり前だ。自分の人生が自分だけのものじゃなくなるんだから。

男が結婚するってことはそういう覚悟を持つってことなんだと思う。僕も結婚しててもおかしくない年齢になって思ったけど、周りの結婚している人は本当にすごい。「この人の人生にも責任を持とう」って覚悟したんだもん。今の僕には絶対に無理だ。僕は基本的に自分の好きなことだけしたい人間だ。でも好きなことをするには金がかかるから、仕方なく仕事をしているだけ(まぁ暇つぶしでもあるけど)。

まぁ結婚するとしたらこんなカスみたいなスタンスじゃ無理だ。でもまぁ自分で言うのもあれだけど、どんなに好きな人がいても20台前半で覚悟を持つなんて無理だよ。だってまだまだガキだもん。

僕はどちらかと言うと年上(まぁ5歳上くらいまでかな)の方がいいんだけど、いやまぁ難しい。アラウンド25なんて結婚に対する圧が半端なさそうだもん。そんな感じだとおれ引いちゃうよ。

なんか今まで(わりと今も)恋愛なんて別にいいやーくらいで生きてきたけど、周りは確実に変化してる。なんか社会人になって学生の頃よりも交友関係が広がったからか、色んなことが分かってきた。

 

 

【エイジング記録】バケッタレザー Honor gatheringの財布(2ヶ月)

f:id:footmuji:20170625102110g:image

http://www.arknets.co.jp/category/A5_B_A_H_547/

「いいエイジングしますよ」

2ヶ月前、僕は表参道にあるHonor gatheringで美人の店員さんに言われ、ナチュラル(ベージュ)の財布を購入した。

 

hitomishiri.hatenadiary.jp

 

これを購入してから約2ヶ月間毎日使っていた。さて、まだ2ヶ月だけどどれくらいエイジングしたんだろう。

Before

f:id:footmuji:20170625103156j:image

f:id:footmuji:20170625103234j:image

After

f:id:footmuji:20170625103350j:image

f:id:footmuji:20170625103410j:image

 

iPhoneのカメラで撮ったから、実際はもうちょっと色は薄めかな。でも2ヶ月でめちゃめちゃエイジングが進んでる。予想以上だ。しかもかなりいい感じ。

ちなみにクリームを塗るなど特にケアはしていない。元の色がベージュだから、クリームを塗ることで変に色ムラができたりする可能性があったからだ。

いや〜店員さんの言ってたことは本当だったよ。特別なケアもせずにかなり良い色味になってきた。めちゃめちゃ気に入ってる。

しかも今は良い意味で雑に扱えるようになってきた。買った当初は正直、傷がつかないか気にしすぎて、普通に使えなかった。でも財布ってあくまで道具だから、傷がついたらついたでそれも味だなって思うようになった。だから、細かい傷やシミも多少ある。でもそれも僕とこの財布が歩んだ軌跡だ。それも味なのだ。そう考えると、単なる道具以上に愛着が湧いてくるものだ。

 この財布で使われているバケッタレザーの良いところは特別なケアが不要ということ。使っているうちにオイルが染みてきて、かっこよさが増す上、革の強度が高まる。つまり、たくさん使うことが何よりのケアなのだ。

世の中に溢れるあらゆるものは新品の状態が一番良くてそれ以降は劣化していく。でも、革製品に至っては、新品の状態が一番かっこ悪い。つまり使うに従ってどんどん馴染み、かっこよくなるってこと。

この財布はまだ2ヶ月だけど、これからどんな風に変化していくのか、すごく楽しみだ。

 

 

 

僕の考え方はおかしいのかもしれない

どうも、ヒロシです

最近結構飲みに行く。いや、以前もそれなりに飲みには行ってたんだけど、最近は仲の良い友達だけでなく、職場の人やあまり会っていなかった知人とも飲む。

アルコールが入ると、僕は饒舌になる。普段はそんなに口数が多い方ではないけど、酒の力は偉大で、僕は結構自分の思ってることを喋るようになる。その中で僕はしばしば、自分の感覚が少しズレていることに気づかされる。

 

結婚式が理解できない

9月に友人が結婚式をするらしい。その友人は中学校の同級生で、ずっと一緒にサッカーやフットサルをやっていた。つまり、なかなか仲は良い。その友人から結婚式に招待されることになったのだ。でも僕はその結婚式が面倒で仕方がない。

結婚式って参加はあくまで任意という形式であるものの実質強制の招待状を送り付け、参加者から3万をかすめ取って自分達の幸せを祝わせるという謎の行事だ。しかも結婚式は土日のどちらかに行われることが多い。つまり、大金を徴収され、休みを潰される行事だ。まじで謎でしかない。

 

花火大会が理解できない

夏の風物詩である花火。世の中の人の多くは花火大会でテンションが上がるらしい。でも花火って騒音と光と二酸化炭素だ。夏の夜だから虫も多いし、当然人も多い。暑くて人が多いから他人の汗がついて汚い。何が良いのか分からない。地元の花火大会とかだと知り合いに会うリスクもある。くそだるい行事にしか思えない。大量の人間が騒音と光と二酸化炭素の集合体に興奮している、その状況に僕は違和感を抱いてしまうのだ。

 

手作りの弁当が理解できない

社会人になってから、昼飯は僕の数少ない日々の楽しみだ。県庁に勤めているから大きい食堂があるんだけど、僕は絶対に外に出て飯を食う。昼休みに外に出ることは良いリフレッシュになるし、外の定食屋の方がうまい。

でも結婚している上司の中には、奥さんの手作り弁当を食べてる人も多い。これが僕は理解不能だ。なんで1日の数少ない楽しみである昼飯を冷めた弁当で済まさなければならないのか。「愛情が〜」とか反論が聞こえそうだけど、「愛情=うまい」とは言えない。たとえ愛情がこもっていても冷めた弁当だから、そんなにうまいわけがない。プロが作った温かい定食の方がうまいに決まっている。

たぶん節約のためもあるんだと思う。でもストレスの溜まる仕事をしている中、僕だったら昼飯くらいは好きなものを食いたい。冷凍食品と晩飯の残りでできた弁当なんて絶対に嫌だ。僕は社会人になって飯がいかに大事か身に染みて感じるのだ。

 

誕生日を祝う風潮が理解できない

誕生日って結構1年の中で大きめなイベントらしい。だからSNSでやたら誕生日アピールをしている人もいる。でもこれも理解不能。誕生日って生きていれば絶対に1年に1回訪れるもの。今の若者は半分以上が90歳まで生きると言われているのに、なぜ年を1つ数えることにそんなに躍起になるのか。しかも他人の誕生日なんて自分にとってただの平日でしかない。他人にとっては非日常でも僕にとってはただの日常なのだ。

 

とまぁ他にも多々あるけど、こんなことを理論的に酒の場で喋ると、周りの人、特に女の子からはかなりバッシングを受ける。で、いつも言われるのは「そんなんじゃ彼女出来ないよ」だ。

女の子と付き合うということは、自分の中ではおかしいと思っていることを甘んじて受け入れ、自分の考えを殺しながら日々を過ごすことみたいだ。僕は彼女のいない時間が長すぎて、いろいろと拗らせてしまっているのかもしれない。