読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薄顔人見知りの独断と偏見

人見知り歴22年の僕が暇つぶしのために,主に趣味(サッカー、ファッション、裁判傍聴等)や自分の思ったこと、お気に入りのものについて自由に書いていきます。よろしくお願いします。

なぜ「べっぴんさん」はあまり面白くないのかを考えてみた

僕が思ったこと 趣味

f:id:footmuji:20170221151610j:image

https://www.google.co.jp/amp/yorozu-do.com/beppinsan3/amp/

僕は朝ドラを毎日見ている。朝ドラは毎日やるから、日々のちょっとした楽しみになる。見始めたのが2015年4月の「まれ」からだから、今の「べっぴんさん」で4作目だ。

今やっている「べっぴんさん」。毎日見ているけど、正直あまり面白くない。前々作の「あさが来た」や前作の「とと姉ちゃん」と比べると、どうしても物足りないというかなんというか。実際に視聴率もこの2つに比べると悪い。まぁ必ずしも視聴率と面白さは比例しないけど。

そこで自分なりになぜ「べっぴんさん」はそんなに面白くないのか考えてみた。

 

①既視感

前にやっていた朝ドラに設定が似ている。場所が関西で、主人公が有名な会社のお嬢様なのは「あさが来た」と同じだし、戦後の混乱した時代の中で主人公が事業を興すところは「とと姉ちゃん」と同じだ。

また、この他にもストーリーの中で、ヒロインが仕事中心の生活をするあまり家庭を顧みないことに、娘が反発して喧嘩が絶えないところは「あさが来た」と同じだし、会社の中心社員(創業時からいる社員)の子どもが新卒で親の会社に入るところは「とと姉ちゃん」と同じだ。

 

②配役

違和感があり過ぎる。なんで君ちゃん(土村芳)の息子の健太郎(古川雄輝)が君ちゃんより年上なのか。健太郎は実年齢ではキアリスの社長の紀夫(永山絢斗)より年上だ。健太郎は中学生から古川雄輝が演じていたんだし、少しは役者の実年齢を考慮した方がよかったんじゃないかなと思う。

また、いくら年が離れている設定といっても良子ちゃん百田夏菜子)の旦那が田中要次なのはリアリティがゼロだった。

あとは子役だ。清(高良健吾)とゆり(蓮佛美沙子)の息子なんだから、もっと正太は正統派の美男子系の子役の方がリアリティがある。

 

③ストーリー・展開

ストーリーや展開に違和感を抱く場面が少なくない。

君ちゃんは当初身体が弱いから家族に働くことを反対されていて、家族に働くことを許してもらってからも、1日に4時間までだったはず。でもそんな設定は無いものみたいになって、いつの間にか君ちゃんは徹夜もバンバンするようになっている。

また当初は、さくら(井頭愛海)が出入りしていた、三宮のジャズ喫茶「ヨーソロー」をみんな毛嫌いしていたはず。そのヨーソローはヤバい奴の溜まり場みたいな感じで描かれていた。それが今ではキアリスの従業員の溜まり場と化している。確かにヨーソローのママ(江村杏子)はヨーソローの客は普通でこの店は大丈夫的なことを言っていた。でもだからといって、そんな簡単にずっと毛嫌いしていた場所に、登場人物がみんな入り浸るようになるのか。しかも最初にヨーソローが出たときにいたような不良っぽい輩がいなくなっているのも不可解だ。

あと、他の展開が急な割にさくらの反抗期が長すぎる。別にさくらの反抗期をそんなに長くやる必要はなかったのではないかと思う。反抗の仕方やその時の態度等も、僕の目にはただのわがままなお嬢様にしか映らなかった。他の視聴者はわからないけど、こんな共感できないさくらの反抗期を長く引っ張るくらいなら、もう少し違うストーリーを入れたほうが良かったのではないかと思う。

 

④雰囲気

これは主に序盤のことだけど、雰囲気がとにかく暗かった。戦後という時代を描いているせいもあったかもしれないけど、暗すぎだった。朝から暗い気持ちになりたい人なんているのか。前作の「とと姉ちゃん」は、同じ戦後という時代でありながらも、ヒロインの常子(高畑充希)はこの時代をチャンスと捉え、戦後にありながらも希望を持って貪欲にチャレンジしていく様が描かれていて暗さは感じられなかった。でも「べっぴんさん」は反対に戦後という時代の暗さがそのまま伝わってきた。別に僕は暗い話が嫌いというわけではないけど、朝からはちょっと…という感じだった。

 また、全体としてもメリハリのない感じだ。「あさが来た」や「べっぴんさん」にはあったハラハラするような刺激的なシーン、例えばヒロインが大物に対して物申すシーン等がない。全体としてゆったりのっぺりしたテンポのまま進んでいくから物足りない。

 

ざっとこんな感じだ。よく誰々は演技が下手だとか言う人がいるけど、僕は演技のことはよく分からない。でも、うまく言葉にはできなくてもなんとなく面白いか否かくらいはわかる。まぁ「べっぴんさん」も残り1ヶ月ちょいで終盤に入っているから、これから面白くなることに期待しつつ、今から次の「ひよっこ」にも期待している。