叫び、思い。

22歳、社会人1年目(県庁職員)の僕の思いを自由に叫びます。叫ぶ内容は僕の趣味(ファッション、サッカー)や仕事のこと、考えや本音など様々です。たまにイタい内容もあるかもしれません。

SAINT JAMESとORCIVALのバスクシャツを比較してみた

僕はバスクシャツが大好き。

なぜなら一年中着られるから。暖かい日にはサラッと一枚で着られるし、寒い日でもシャツに重ねれば着られる。シャツと重ねて着てもニットみたいに膨れることはないから、その上からインナーダウンを着てさらにコートを羽織ることもできる。さすがに真夏は厳しいけど、初夏ならバスクシャツ一枚でちょうどいい。ボートネックの厚手だから一枚で着ても下着みたいにならず、様になる。

これほど長い間着ることができるアイテムは他になかなか無い。

バスクシャツはフランスとスペインの国境付近のバスク地方の漁師達が着ていたカットソーがルーツだ。だからやっぱりフランス製のブランドを選びたい。

フランス製のバスクシャツとしてはやはり、SAINT JAMES と ORCIVAL が二大ブランドだ。そこで、この2つのブランドのバスクシャツのサイズ感や着た感じなどを比較してみた。サイズはセントジェームスはT5(M〜L)オーシバルは4(M〜L)だから、ほぼ同じと言えると思う。

 

 

 

 

SAINT JAMES  Ouessant

f:id:footmuji:20170224154441j:image

まずはセントジェームスのウエッソンだ。サイズはT5

洗濯前:着丈70cm  身幅53cm 袖丈56cm

洗濯後:着丈67cm  身幅50cm 袖丈53cm

ちなみに洗濯は5回程はしたから、ここから大きくは縮まないと思う。着た感じとしては、176cmの僕が着て、着丈はちょうどいいけど身幅にゆとりがあるくらいだ。シャツと重ねても窮屈感は全然無い。サイズ感としてはやや大きめかな。

多分、ちょうど僕くらいの身長だとT4とT5の間くらいなんだと思う。

生地としてはかなり丈夫で、ガシガシ洗濯しても全くへたらない。まだ着始めて数ヶ月だけど、徐々に僕の身体に馴染んできた。

 

ORCIVAL COTTON LOURD

f:id:footmuji:20170224155659j:image

次にオーシバル(オーチバル)のコットンロードだ。サイズは4

洗濯後:着丈65cm  身幅48cm 袖丈54cm

なぜ洗濯後しかないというと、洗濯前の採寸をしていないからだ。これはもう2年くらい着ていて、何回洗濯したか分からないほど洗濯したと思う。また、これを買った時は全然バスクシャツの知識はなく、ただフランス製のカットソーがたまたまセールにかかっていたというだけでゾゾタウンで購入した。だからかなり縮むということを知らず、乾燥機にも何回か入れたりしたために、通常よりもかなり縮んでしまった。

このような事情があるため、参考程度だが、サイズ感としてはややコンパクトだ。でもシャツと重ねたときのバランスはかなり良い。

身幅がセントジェームスよりも小さいため、シャツを中に着ると最初はややタイトに感じるけど、生地の性質からか着ているうちに徐々に馴染んで、少し時間が経つと気にならなくなる。素材感としてはセントジェームスと同じく、生地がしっかりしていて何回も洗濯してもへたらない感じ。でもオーシバルの方が若干滑らかな感じだ。

 

 

結局どちらが良いのか

これに関しては好みとしか言いようがない。一般的に言われるのは、セントジェームスは縦に縮み、オーシバルは横に縮むということ。

まぁ僕はオーシバルの扱いについては完全にミスったけど、セントジェームスはある程度ゆったりして、オーシバルはすっきり目だと思う。だから、ゆとりをもって着たい場合はセントジェームス、痩せている人がジャストですっきり着たい場合はオーシバルなのかな。生地感については巷で言われているほどの差はない。どっちも丈夫で、着て洗うを繰り返すごとに馴染んでいく。

ちなみに、両方着てみた結果、僕はどちらかというとセントジェームス派だ。なぜなら僕はゆるい雰囲気の着こなしが最近の気分だから。セントジェームスをサラッと着て、イージースラックスなんかを合わせるのが好きだ。同じくフランスブランドのA.P.C.のニュースタンダードに合わせて、フレンチカジュアルっぽい着こなしをするのも好きでよくやる。

 

 

難しいサイズ選び

 あとはバスクシャツは洗うとかなり縮むということもあって、サイズ選びが難しいと言われる。バスクシャツに関しては、僕としては迷ったら大きい方のサイズが良いと思っている。バスクシャツって本来そこまでタイトに着る物でもないし、なんかの写真で見たんだけど、船乗りがバスクシャツをバサっとやや大きめで着ていたのがすごくかっこよかった。縮みきった状態でも大きかったら、その時は乾燥機にぶち込めばさらに縮むけど、小さい方を買って初めはちょうど良くても、何度か洗濯した結果として縮みすぎてつんつるてんになったらもう着られない。バスクシャツに関しては「大は小を兼ねる」と言える。

 

セントジェームスにしてもオーシバルにしても値段は1万円くらいするから、カットソーとしては高額だ。でもめちゃめちゃ丈夫だから、何年も活躍してくれる。だから結果としてコスパはかなり良い。

 

今度は無地のウエッソンが欲しい!!