ポンコツ公務員の叫び

22歳、社会人1年目(県庁職員)の僕の思いを自由に叫びます。叫ぶ内容は僕の趣味(ファッション、サッカー)や仕事のこと、考えや本音など様々です。たまにイタい内容もあるかもしれません。

社会人生活が1ヶ月終わったから、学生と社会人ではどっちが良いか考えてみた

f:id:footmuji:20170430103835p:image

 

こんにちは。ヒロシです

僕は4月から社会人になり、早くも1ヶ月が終わろうとしています。あくまで1ヶ月終わった時点の感想として社会人と学生でどっちが良いか考えてみました。ちなみに職業は行政職の公務員、大学の学部は法学部です。

 

1.社会人編

メリット

①金がもらえる

②福利厚生などの身分保障

③なんとなく自分が少しでも社会に貢献しているという充実感

④規則正しい生活リズムが身につく

デメリット

①時間がない

②上司や同僚、取引先などに気をつかう場面が多い

③激務の場合は長時間労働によるストレス

④付き合いの飲み会が多い

⑤不祥事をやらかすと一気に人生ハードモード

 

2.学生編

メリット

①時間がある

②何をするにも自由

③やらかしても大抵のことは「学生だから…」で許してもらえる

④好きな人とだけの付き合いでも余裕でいける

デメリット

①金がない 

②堕落した生活になりがち

 

思いつく限りでこんな感じ。当然と言えば当然だけど、学生のデメリットがあまり無いな…

 

結局どうなのか

まぁ社会人のメリットは「金があること」、デメリットは「時間がないこと」「ストレス」に集約されるのかな。反対に学生のメリットは「時間があること」デメリットは「金がないこと」かなと思う。

でも社会人に金があるって言っても、自由に金を使えるのって独身のうちだけだろうからなぁ〜。職場の先輩とか結構稼いでいるはずなのに小遣い月3万だもん。学生でバイトでもしてる方が金はあるやん笑。

じゃあ100ー0くらいで学生の方が良いかって言われると、僕は個人的に一概にはそうとは言えない。僕は学生の頃、特に長期休みに入ると、夜中まで海外サッカーや映画を見て、昼頃起きてまたダラダラ過ごすみたいな、割とカスみたいな生活をしていた。授業にはちゃんと行っていたけど、ただ行っていただけで、ボーッとしていることも多かった。僕ほどではないにしろ、4年という、人生の夏休みと言われる最後の自由時間である大学生活を、ダラダラ過ごしてしまった人って割と少なくないはず。そう考えると、自分が多少なりとも社会に貢献できていることを実感できる社会人も悪くないと今は思える。

結局僕が思ったのは、本当にエネルギッシュで色々なことに挑戦できる人って、学生だろうが社会人だろうが大して変わらなくて、今いる環境の中で自分の人生を充実させられるんだと思う。僕とは対極にいる人間だな笑。

 

人見知りでもなんとかなる

ブログ名にもある通り、僕はかなりの人見知りだ。

 

hitomishiri.hatenadiary.jp

 

でも、学生よりもコミュニケーション能力が必要とされる社会人でも、今のところなんとかやれている。なぜなら、みんな気にかけてくれるし、最初のうちは周りの人に色々聞かないと仕事ならないから、コミュ障でも人と会話せざるを得なくなり、結果として人見知りが影をひそめるのだ。まぁ上司からしたら、自分の所にきた新人がすぐ辞めたり、精神的にやられたりしたら自分の査定にも響くだろうからな。だから、人見知りの人でも大丈夫だ。

もちろん、職場に行くのが億劫に思う時もあるけど、いまのところは、思った程社会人も悪くないなっていうのが僕の感想だ。