ポンコツ公務員の叫び

22歳、社会人1年目(県庁職員)の僕の思いを自由に叫びます。叫ぶ内容は僕の趣味(ファッション、サッカー)や仕事のこと、考えや本音など様々です。たまにイタい内容もあるかもしれません。

社会人になってもうすぐ3ヶ月、電話ってくそだなって思った

f:id:footmuji:20170617110429j:image

どうも、ヒロシです

早いものでもう6月中旬、社会人になって2ヶ月半が経過した。だんだん仕事にも慣れてきて、最初の頃は電話一本受けるのも緊張してたのに、今では緊張せずに電話応対ができるようになった。(もちろん言葉遣いなどはまだまだかもしれない )

でも僕は思うのだ、「電話ってくそだな」と。もちろん面倒臭いというのもあるけど、それだけではない。もっと大きな理由でこう思うのだ。

①作業を中断させる

仕事中、何もしていない時間というのはほぼ無い。資料を作成していたり、書類の整理をしていたり、上司から指導を受けていたり。でも電話が鳴ると、全ての事象に優先して電話を受けないといけない。たとえ、それまでいい流れで仕事をしていても、電話を受けることでそれまでの流れが終わり、電話応対が終わってから、また1から流れを作らないといけない。この「流れ」は「リズム」と言ってもいい。特に書類関係の仕事をしている時に電話がかかってくると、どこまでやったか分からなくなることもある。電話をかけてくる側の人間に言いたい、「お前は俺の流れを壊していることを自覚しているのか?」「流れを壊しておいてその横柄な態度は何だ?」と。僕は基本的に、電話は人の時間を壊し、そして奪うものだと思っている。

②極めて伝わりにくい

電話って当たり前だけど、その人の発した言葉からしか情報がない。しかも人の話す言葉というのは不便なもので、聞いた人間の主観も入るし、発した瞬間に消えるものだから、どうしても話し手が意図しない内容やニュアンスで伝わることが多い。つまり、電話というのは、非常に曖昧かつ不安定な情報伝達手段なのだ。にもかかわらず、「電話でお願いした」とかなんとか理由をつけて、自分の思い通りにことが進まないと、怒り出す輩もいる。お前の伝え方が悪い、もしくは電話で伝えるという単純かつ安易な思考に陥ったお前が悪いと僕は思うのだ。

③手間がかかる

電話って手間がかからないようでかかる。だいたい、電話で何か聞かれてもその場で分かるものばかりでない。まぁ僕がペーペーの新人ってこともあるけど、自分の担当業務について電話で色々聞かれても、だいたいその場では答えられず、今までのデータを調べたり、上司や関係機関に確認をとったりして後からまた電話をかけ直すことが多い。今やっている業務を中断させた上、新しい仕事を優先的にやらせられるということだ。電話をかけている方は悪気はないのかもしれないけど、あまりに自分勝手過ぎる。お前はどれだけ偉いんだ。

電話よりメールを使え

電話がいかにくそか書いてきたけど、メールを使えばこれらは解消出来る。メールなら作業を中断させることはないし、文章という極めて安定したもので残るから電話よりも圧倒的に伝わる。PCで文字を打つという手間がかかるかもしれないけど、何回も電話をするという手間に比べれば手間は少ない。メールチェックを一切しない人なんてほぼいないし、緊急の要件じゃなければ電話を使うメリットを僕は感じない。まぁ緊急の要件の場合も、相手方の時間を奪っている事には変わりはないから、くそだけど。

電話って苦手な人もいる。僕も得意でない。色々な人がいる中で、電話至上主義は優しくない。

だから電話って諸刃の剣にすべき。メールをしても全然返ってこないとか、メールアドレスが分からないとか、もう期限が切れてるとか。

なんかメールだとコミュニケーションが希薄化するとか言われそうだけど、コミュニケーションの希薄化というメールのデメリット的なものを圧倒的に凌駕するデメリットが電話にはある。まぁ昭和のおっさんが中心世代のうちはなかなか電話は無くならないだろうけど、電話って本当にくそだよ。